なぜ、海の牡蠣なのに「森のめぐみ」なの? それは、私たち志摩町岐志漁港は、隣接する山・森から多大なる恩恵を うけていることに由来します。 雨などの自然の恵みが山や森にたまり、それが漁港に流れ込むことによって 豊富なミネラル・養分が運びこまれ、おいしい牡蠣ができるのです。 「牡蠣」だけではありません。 「あなご」や「さざえ」や「うちわえび」といった豊富な「海の幸」が漁港 に集まってくるのです。 「のぶりん」では、みなさまに「自慢の海の幸」を食べていただきたいと 願いながら、今日も「牡蠣」を水あげしています。

FOLLOW US